ライト、きちんと選べてますか?

自転車に乗ったら必ず必要なもの、そうです、ライトです。
フロントライトの取り付けは、道路交通法で定められている通り、必ず取り付けましょう。

夜間での無灯火での走行は言語道断!危険を誘発するリスクは高く、もし事故にでも遭えば、過失責任を重く負わざる得なくなります。

必ずライトは常備です!

 

さて、ライト常備の重要性が分かったところで、

「ライト、きちんと選べてますか?」

ライトと言っても、今ではたくさんの種類があります。
電池式であったり、充電式であったり、その明るさも違います。

明るさの基準で、一般的に300ルーメン(※明るさの単位)以上のライトを付けると良いでしょう。
ライトの明るさには、走行道路の路面を照らし、安全確認することと、もうひとつ、自転車に乗車しているという自身の存在を、他者に知らせる役目があるということです。

よく言われるのが、
「いやいや、そんな暗いとこ走しんないんで、電池式のそこそこのやつでいいすよ」

しかし、良く考えてみてください。
例えば、見通しの悪い曲がり角で、対向車が来た時、明るいライトだと相手側にその光を通して自身の存在を知らせることが出来きます。
起こり得る危険回避が可能になります。

また、前方を走る自転車に自身の存在をアピールし、お互いの安全確保に繋がります。
そう考えると、走る環境の明暗に関係なく、ライトはやはり明るいのに越したことはないんです。

そして、明るさの次に重要なのは、バッテリーの長さです。
300ルーメン以上の明るいライトは、充電式になるので、そのバッテリーの持ちが重要。

一般的に、ボディが小さくなれば短く、大きくなれば長くなります。
例えば、当店で人気のLEZYNE レザインのライトの場合。

MAX400ルーメン発光の場合、フル充電で約1時間稼働します。
通勤などの短い距離だとこれでOKでしょう。

LEZYNE レザイン HECTO DRIVE 400
アルミボディ
USB充電
¥4,300

 

MAX700ルーメンでは、400ルーメン発光時、約3時間稼働します。

LEZYNE レザイン LITE DRIVE 700
アルミボディ
USB充電
¥7,990

 

さらにMAX1100ルーメンでは、450ルーメン発光時、約4時間30分も持ちます。

LEZYNE レザイン MACRO DRIVE 1100
アルミボディ
USB充電
¥9,990

 

このように、夜間走行の場合は、最低光源300ルーメン以上を確保し、何時間持つのかが重要ポイント。
バッテリーの容量が大きくなると、充電頻度も減るし、長く安全に走行できるということです。

レザインのライトは、広範囲に渡り、遠くまで照らせるので、安全確保が広範囲です。
また他メーカーのライトに比べ、発光量、バッテリー寿命、価格など総合的に非常に優れていておススメです。

明るいライトを常備し、走行すれば、恐怖心も薄れ、心にも余裕ができ、より快適に安全に走行できます。
多発する夜間での事故を防ぐためにも、ひとりひとりのサイクリストの心構えが大切なんです。

最大の事故防止は、その予防対策にあるのです。

 

★各種レザインライト 西館にて販売中 >>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)