静岡旅行 with Brompton その2

次に移動するために静岡駅に戻ります。

腹も減ったので昼食に。駅構内にあるお寿司屋さんへ。


せっかくなので奮発して旨そうなセットを注文。

すごいボリュームです。ネタの一つ一つがビッグです。

写真には写ってませんが、これに茶碗蒸しとデカいカニ汁もついて非常にお得でした。

ご馳走様でした。

次に向かうは掛川。駅舎がいい感じです。

駅前に二宮金次郎の像が。…なぜ?

ロータリーに大きな看板が。目指す掛川城です。

掛川城は山内一豊が居城としていたお城です。
一豊は掛川城の大幅な拡張を実施し、石垣・瓦葺の建築物・天守など近世城郭としての体裁を整えた城郭としたそうです。
幕末の1854年末に、東海地方一帯を大地震が襲い(安政東海地震)、掛川城も天守を含む大半の建物が倒壊しました。この際、政務所である二ノ丸御殿は1861年までに再建されましたが、天守は再建されることはありませんでした。
1994年4月 天守が再建され、再建された天守は木造であり、日本初の木造復元天守になります。

立派な大手門、大手門番所です。

少し行くと天守が見えてきました。あと2、3日早ければ桜もいい感じだったかも。

堂々たる天守閣。

中に入ると天守閣復元についての説明文が。

一豊の像の展示が。

凛々しい姿。

ドラマ「功名が辻」で使われたのぼりが。

梁のこの太さ!迫力があります。

3武将の身長体重が。大御所は肥えすぎやろ…

最上階への階段。やはりこの角度!

天守閣からの眺め。

かすかに富士山が。

城内には狭間や石落としといったギミックも再現されています。素晴らしい。

お城を堪能した後は掛川城御殿へ。

ここは藩の政務を行う場所です。

中には大名行列のフィギュアが。結構スゴイ。

槍の展示も。長さを実感。

庭からは桜越しの天守が。

100名城に相応しい素晴らしいお城でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*