【レース雑感】結局、ブエルタが凄い!?

どーも、どーも!ブログ担当のコシカワです!

オリンピックも終わり、いよいよ今月の20日から開催するブエルタ・エスパーニャ!

今年も豪華なメンバーが揃いも揃ったな~

結局、毎年思うのだけれども、ジロやツールで実力を出し切れなかった優勝候補組が、こぞってブエルタに出場し、そのうっぷんを晴らしてやるって場になってるんじゃないかと。

例えるなら、ジロでは総合優勝が見えてきた矢先に、山頂で雪壁に激突し、逆転されてしまった、クライスバイク選手・・・

ツールで例えるならば、開始早々度重なる落車でリタイアに追い込まれたコンタドール選手・・・

そして同じく、さっぱりいいところがなくフルームの対抗馬として烙印を押されたキンタナ選手・・・

そして、この法則から外れますが、ツール優勝者のフルーム選手まで、なぜか出場するという始末。

状況によっては、これはもはやツールよりも激戦区!ヤバい!

そもそもブエルタとは、ツール、ジロに次ぐ、第三のグランツールという位置付けであり、サブエース級の選手がこぞって出場し、普段エースのアシストで、表に出れない選手の晴れの舞台のはず。

しかし、近年はご覧の様に超実力者が、続々と名誉挽回に挑む場に!

この偶然の成り行きは、勝負の世界では不可避のことではあるが、シーズン前にこのブエルタに俺は全てを賭ける!といきこんでた選手にはもっぱらありがた迷惑だな・・・と。

でも、でもね、観る側にとっては、これは最高においしい状況です!

いやいや、これはたまりませんな~

とニヤニヤしながら観戦する次第であります

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お気軽にお問い合わせください。06-6412-3802受付時間 10:30-20:00 [ 定休日除く ] [ 土曜、祝日前日は19:30まで ]