どこで買うのか。

正しい知識を持って買おう。

初めてスポーツ自転車を買うときあなたはどうしますか?

スポーツ自転車専門店で購入する。
インターネット通販で購入する。
自転車中古販売店で購入する。
オークションで購入する。

と、今なら様々な購入経路があります。
まず考えることと言えば、

「そんなガンガン乗らないし、出来るだけ安価なものでいいかな…」

とインターネットや中古販売に手を伸ばしがちに。

ちょっと待ってください。
もっと良く考えましょう。

自転車は「乗ったら乗りっぱなし」では、安全に快適には走れません。
ワイヤー類が伸びてきて、ブレーキの効きが悪くなり、変速性能も低下していきます。
それを定期的に点検調整し、パーツが消耗していたら交換も必要となります。
もし、あなたが通信販売や中古車を購入した場合、適切なアドバイスやメンテナンス、保証等が受けられなくなります。

中古車などに関しては、自転車には車検制度がないので、どういった状態で持ち込まれ、販売されているのか、なかなか明確には判断することはできません。

特にカーボンのフレーム・フォーク・ホイールなどは、外見は擦り傷のみに見えても、内部は破断や剥離していることがあり、それを確認するには、非破壊検査機にかけることがただ唯一の方法です。

にも関わらず、現在市場に流通している中古車や中古パーツのほとんど全てと言っても過言ではないくらい、目視や打刻レベルのチェックのみで、当たり前のように販売されています。

もし、中古品で内部にダメージがあるにも関わらず、使用を続けると、走行中にいきなり破損することがあります。
ケガも痛いですが、中古品の場合は、その時点で廃車となります。

これがスペシャライズドなど、大手ブランドの新車の場合、「生涯保障」での全額補償を受けれる可能性もありますし、さらに「クラッシュリプレイスメントサービス」で、最初にダメージは入った時点で、お安く新たに買い替えることが出来るのです。
もちろんこれらは、ファーストユーザー(第1所有者)のみの権利です。

さらにこの状況にも関わらず、ほとんどの中古販売業者は、クイック査定で、即金での支払いと、堂々と検査機にかけてないことを宣言しているようなものです。

自転車の補償に関しても、良く勘違いされがちなのですが、メーカーの補償の対象になるのは、ファーストユーザーのみです。

中古販売や他人から譲り受けた場合も対象外となります。
と、様々な自転車購入にまつわる背景が見えてきます。

仮に中古の高級車が特価で販売されていても、それと同価格帯(特価)の新車を、ご自身の通える範囲のプロショップで購入する方が、絶対に安全で安心です。

 

例えば、実際に中古車と新車の価格を比べてみました
「中古車よりも安い新車あります。」>> ※2016.10.28 ブログ記事より

 

さらに今ではこちらの新車も販売しております。

★例えばこちらの新車のトレック マドン 6.5 (特価品)など >>

 

買って後悔しないように、正しい知識を持って買いましょう!

そして、ご自身に合った自転車を選んで、サイクルライフをエンジョイしてください!

「買った後からが本当のお付き合い」

その姿勢を守りながら、皆様のご来店をお持ちしております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*