8の字走行 ロードでもグラベルでもMTBでも

ロードバイクでもグラベルでも、もちろんMTBでも効果的な練習である8の字走行

初心者にこそおすすめのドリルです。低速時のバイクコントロールが上達します。

低速コーナーで止まったり足をついてしまうのは自転車を上手く操れていないからです。

8の字走行はそれこそ昔からある練習方法ですが、非常に効果的です

ただ漫然と動作を行っても上達しません。

ポイントは①「曲がる方向に顔を向ける」こと②「ホイールが通る場所をしっかり意識する」ことです。

①人間顔を向いた方向に体幹が動くように出来てます。視線をチラッと送るのではなく、顔ごと向くようにします。

②外を通る時は前輪がギリギリを通るように、中を通る時は前輪が真ん中を通るように意識してください。

意識して体を動かす→自転車がついてくるです。

練習してみると意外に難しいのに気づくと思います。

特にサドルに座るのも技術なんだと気付けるようになればしめたものです。

注意としては通常の走行と異なり、「ハンドルを切って曲がる」ことになるのですが、ロードバイクの場合、ペダルを水平にしてハンドルを切ると前の足と前輪が接触してしまいます。バランスを崩して転倒の恐れがあるので十分気を付けて行ってください。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)