ロードバイクの上でサドルから立つことが出来ますか?

以前「ロードバイクでスタンディングできますか?」
「ロードバイクで5㎝の段差を越えられますか?」

という記事を載せたんですが、ふと思いました…🤔

そもそもロードバイクの上でサドルから立つことが出来ますか?😝

 

カラーコーンを1m毎に並べて後輪が前輪と反対側を通るドリルです。👍

普段走ってる時と違い、ハンドルを切って曲がります
内輪差を意識し、前後輪の位置感覚をつかむための練習です。
出来る限り低速で行うことがポイントです。
動画では立った状態と座った状態で動作の違いを比較してます。

立った方が安定してますね。😄
座ってるとフラフラしてます。😅

サドルから立つという動作は乗り始めて間もない初心者の方はもちろん、ある程度の年月を乗ってる方でも意外と出来ないようです。

MTBの練習会で例えば8字走行なんかをやってもらうと、みんなサドルに座ったまま行ってフラフラしちゃうんです。

なぜ立つことが重要なのか?🤔

ロードバイクに乗ってるときはほとんどの時間をサドルに座った状態で過ごしていると思います。
ある程度の速度で走れば自転車は安定します。
転ぶことはないですね。

でも極低速時(歩くくらいの速さ)ではそうはいきません。
簡単にバランスを崩してしまいます。

立った状態はペダルに体重の大部分が荷重されています。
上半身の力も抜けているので重心位置は低いです。

一方サドルに座った状態はサドルに一番多く荷重されて、ペダルから荷重が抜けます。
そうなると腕に力が入り、ハンドル荷重も大きくなるので重心位置は高くなります。
ハンドルもフラフラします。
この状態で前輪に何か当たるとバランス崩してコケます。

低速時に安定するのはもちろん重心位置が低いときです。

まずは立ち上がってみましょう!💪

この動作を覚えれば自転車のコントロールに余裕ができ、立ちごけなども減ると思います。
ダンシングの基礎にもなります。

でもロードバイクはこれを練習するには一番不向きな自転車です。
というのも、ペダルを水平にしてハンドルを切ると前輪に足が当たります
(=自転車ごと転びます。)
上達にはすごく時間がかかると思いますよ。

ではどうしたら?🤔

練習しやすい自転車でやればいいんですよ。✨
マウンテンバイクとかオススメです。

TREKならX-caliberとかSPECIALIZEDならPITCHCANNONDALEならTRAIL辺りがオススメです。

詳しくはスタッフまでお尋ねください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)